その他

倉庫の耐用年数は?建物の種類や構造・用途を解説

建物の種類と耐用年数

建物の種類とは、いくつかに分類することができ、事務所用や車庫、工場や倉庫などを挙げることができます。

用途に合わせて建設することになりますが、耐用年数はそれぞれ異なります。

一般的に用いられることが多い木造を例にすると、事務所は24年、車庫は17年、工場と倉庫は15年程度になることが多いと考えられています。

使う資材や使用内容、建てる地域等により違いはあり、気候条件に左右されてしまうことも基本です。

木造であればもしも劣化した際には、同じ木材を利用して補修を行ったり、屋根部分が劣化している際には金属を用いて修繕する方法もあり、勿論規模によって違いはありますが、小まめなメンテナンスと必要に応じたリフォームを施すと、基本的な耐用年数よりも長持ちさせることは可能です。

建物の構造・用途と耐用年数

建物の構造・用途とは木造の他に木骨モルタル造、鉄筋コンクリート、レンガや石材、ブロック造などがメインになります。

それぞれに対して細目をチェックすることができます。
細目とは細かな目的と解釈することができ、事務所用として利用することや住宅用や店舗用で利用すること、飲食店用やホテル・病院・車庫用、公衆浴場や工場用・倉庫用などが細目に該当しています。

耐用年数も変わることになり、耐久性が高いとされている鉄筋コンクリート造では事務所は50年、住宅や飲食店は47年、旅館やホテルは41年、車庫は38年で工場や倉庫は38年になります。

構造により修繕方法に違いが出てしまいますが、モルタルであれば下地調整から塗り替え、鉄筋造であれば外壁のひび割れ補修や塗り替えによる修繕を一定期間毎に施工することが一般的です。

建物が老朽化した際のリスク

あらゆる構造物がありますが、倉庫などを建てている方のケースでは、どのような構造でも経年劣化は避けることは不可能です。

老朽化したままで放置してしまうと、屋根や壁が崩壊する可能性があり、思わぬ形で人身事故に発展してしまう可能性も否定できません。

一般的には火災保険や損害保険に加入をしていると、人身事故を起こしても保証範囲として対応できますが、適用することを前提にするのではなく、建物に関しては常に安全を保つことと保全を十分に行うことが賢明です。

普通の方であれば、目視点検で安全性をチェックすることに限定されてしまいがちですが、経年劣化を起こしていると判断できた際には、専門にしている会社に診断を行ってもらい、常に保全対策を行うことでリスクを軽減できます。

物件修繕の点検項目

倉庫や他の物件の修繕を考えた場合、いくつかの点検項目に分けることができます。

設備に対しては電気系統や窓ガラス、ボイラーやエアコン、屋根材なども該当しています。
構造により違いはありますが、内装関連では壁面の状態を確認すること、床材の状態を確認すること、雨漏りが起きていないかどうかを点検することなどをメインにできます。

外装では外壁と基礎部分を点検する内容が主です。

外壁チェックはかなり重要で、ひび割れや崩れなどを起こしている場合、シーリング材が剥離している状態などを確認することが項目です。リフォームや修繕などを行う際には、普通の倉庫でも多額の支出が待っています。

できるだけ早い段階で修繕する方法であれば、安く済ませることもできるので、やはり小まめな点検は欠かせません。

建物の寿命・耐用年数まとめ

建物の寿命は構造・用途により大きな違いがあります。

倉庫に限定をしてみても、木造では14年程度、鉄筋コンクリートでは38年、レンガやブロックなどの場合は34年程度が基本になるので、建てる際には将来的なことを計算して構造を決めることは大切です。

各構造において耐用年数が近くなると老朽化が目立ってしまうことになり、いち早く適切な修繕を行うことで再生可能です。

同じ構造でも細目別で耐久性に違いがあり、倉庫の場合は事務所と比較すると決して長くはありません。

構造により種類も違いが出てしまいますが、修繕方法は壁と屋根の塗り替え、若しくは張り替え、寿命を長くするための補強材の利用や耐震性を高めることを目的にした施工で対応することは可能です。

お問い合わせはコチラ