その他

【テント倉庫】構築物の税務における耐用年数・減価償却

構造物には、寿命と税務において耐用年数があるのは、ご存知かと思います。

今回は構築物の税務に面における耐用年数・減価償却について簡単に説明していきます。

構築物とは

不動産には構築物や建物、建物附属設備という概念がありますがそれぞれの内容には違いがあります。

建物は人の出入りができる構造そのものを言い、建物附属設備は空調設備や電気設備などその名の通り建物に附属している設備のことです。

そして、構築物というのは建物以外の工作物のことを言います。

この点、建物附属設備と異ならないと感じる人もいるかもしれませんが、構築物は建物に附属していないものをこのように言うのです。

具体的には、水泳のプールやトンネル、公園にあるすべり台や門扉などです。

これらは相続税にも関係します。

相続税と絡めて計算する場合は、構築物の建築時期から課税されるまでの期間の減価償却費の合計金額によって評価することになっています。

この場合、再建築価格を考慮する必要があるのですが再建築価格とは、課税時期を判断する際に新たに建設したり設備を整えるためにかかる費用の合計額のことです。

難しいと感じる人は、専門家に相談するのが良いです。

耐用年数・減価償却

構築物は工作物でもあるため、永久にそれが機能するというわけではありません。

構築物の種類によって、耐用年数が定められているのです。ここでは、門扉を例に見ていきます。

門扉は建物の中で最も重要と言っても過言ではありません。

その耐用年数は、門扉がどのような素材で作られているかによって様々です。それが金属製であれば10年で木造でも10年となっています。

その一方で、石造は35年の年数を誇りますが他の素材に比べると頑丈であることからこのように法律で定められているのです。

また、門扉は使用されたり風雨にさらされるなどの要因によりその価値は徐々に減少していきます。

この減少していくことを減価償却と言うのですが、償却方法は定額法で行われるのが一般的です。

門扉を建設する際にかかった費用を定額法で計算し、各年の必要経費として配分していく必要があるのです。

ただし、定額法から計算法を変更する場合には所轄の税務署長に届け出を行うことが求められます。

http://www.city.takashima.lg.jp/www/contents/1416988781405/files/taiyounen.pdf

まとめ

建物を建ててもそれが永遠に機能してくれることはありません。

構築物によって必ず耐用年数が定められていますので、何かを建てられたからと安心するのではなく年数表でしっかりと確認をすることが大切です。

減価償却の計算も初心者には中々取っつきにくいものであるため、頭を悩ませてしまう人も中にはいるかもしれませんが、専門家に相談したり依頼をするなどして対応すると良いです。

簿記の資格を取得している人であれば、比較的簡単に計算ができます。

お問い合わせはコチラ