その他

土地活用で「貸し倉庫」は儲かるのか

貸し倉庫の需要

貸し倉庫は遊休地の効果的な活用方法で近年非常に注目されるものとなっています。

多くの企業では効率的な資金の運用を行うために製品の在庫を極力減らし、その維持コストを削減することで諸経費の削減を行うことが一般的となっているのです。

しかし、様々な販売計画のズレにより一時的に商品を在庫しなければいけないケースも増えており、そのためにこれらの商品を在庫するスペースとして貸し倉庫を利用し、コストを削減することが効率よく資金を削減する手段によく用いられています。

貸し倉庫はこのような企業の需要が多い中で効率的な土地活用の1つの方法と注目されており、多くの需要がある中で効率的に土地活用を行うことができるものであるため非常にその需要が高まっているのです。

自社で倉庫を持たない企業にとって非常に重要なものとなっており、効果的な土地活用が実現できるものとなっているのが特徴です。

投資物件としての貸し倉庫のメリット

貸し倉庫は現在非常にその需要が大きく、相場も上昇していることから効率的な土地活用の方法と非常に利回りの高いものと注目されています。

一般的な土地活用の方法では賃貸住宅を建築し貸し出したり、駐車場として利用するといった方法が多くなっていますが、これらは入居者や利用者を集めるために様々な設備を導入したり、またその運用管理を行わなければならないデメリットがあり、そのための管理コストも膨大なものとなることが少なくありません。

貸し倉庫はこれらの運用管理を利用者が行う事が多いため、建物自身の維持管理を最低限のレベルで行っておけば高い利益を得ることができるものであるため非常に効率よく運用ができる点が特徴です。

そのため、遊休地を効率的に利用する方法として注目されており、様々な投資物件の中で最も投資に対する利回りが良いものと考えられているのです。

投資物件としての貸し倉庫のデメリット

貸し倉庫は維持管理が非常に軽微であることから、管理コストが提言され効率よく利益を得ることができる投資物件として高い資産運用の効果を得ることができる面がありますが、その一方で節税効果は薄いと言うデメリットもあります。

一般的に賃貸住宅として土地活用を行った場合、法律により固定資産税を減額できる仕組みとなっていますが、貸し倉庫の場合にはこれがないため、節税効果が薄いと言うデメリットがあるのです。

また借り手が多い時期と少ない時期があることや、短期間で借り手が入れ替わってしまうことが多いため収入にムラがあり、一般の賃貸住宅に比べて短期間で回転するものであるため収入の変動が月単位で大きくなると言う問題があります。

継続的に収入を得るためには常に利用促進の営業活動を何らかの形で行わなければならず、その運用に手間がかかると言うデメリットがあるのです。

貸し倉庫で土地活用するための方法

貸し倉庫で効果的に土地活用をするための方法として、効率の良い広告宣伝を行うことができる体制作りをすることが必要となります。

顧客が安心して利用する貸し倉庫とするためには、大きな企業とフランチャイズ契約を結び効率的に広告宣伝を行うことができる条件を備えることが必要となるのです。

サブリースの形で大手の不動産会社が積極的に貸し出しを行い、回転率を高めることも利益を上げるために重要な要素となっています。

フランチャイズやサブリースの場合、実際に顧客に貸し出される価格に対して不動産会社等の手数料を差し引くため利益が少なくなってしまう上、様々な自己負担を生じる可能性も高いため金額的には利益が薄くなってしまうのですが、回転率を高めるために大手の動産会社を効果的に利用することができたり、また自分では宣伝活動を行うことができない後輩の宣伝活動を行うことができる点も非常に便利なものとなっているのです。

お問い合わせはコチラ