その他

【貸倉庫】サブリースの仕組みをカンタン解説!

このページでは、サブリースとは何かサブリースのメリット・デメリットサブリースの注意点・リスクについてカンタンに紹介していきます。

上記の内容について、詳しく知りたい方には詳細な内容を記載したページも用意していますので合わせてご確認ください。

サブリースとは

サブリースとは、物件の運営・管理の一部または全てをサブリース会社に委託する物件の運用方法

サブリースは「転貸借」とも呼ばれます。

通常の不動産経営と異なり、入居者はサブリース会社と契約し、物件所有者は入居管理業務をサブリース会社に委託する形となります。

サブリースには、投資用物件の購入促進を目的として元からサブリースをセットにして販売されている物件も多く存在します。

また既存物件を借り上げてもらう形や、物件を新築し運営を委託する形など多種多様の形態が存在します。

サブリースのメリット・デメリット

メリット
・空室でも賃料が支払われる
・運営管理の手間がなくなる

デメリット
・手数料が取られる
・取り扱い物件に制限がある

メリット
はじめに、サブリースのメリットをカンタンにみていきましょう。

まずメリットとして挙げられるのが、空室や滞納のリスクを回避する事ができます。

サブリース会社と契約すると、物件を一括で借り上げて運営を行ってくれます。

入居者の募集から集金までを行なってくれるため、オーナーにほとんど手間がかかりません。

また、仮に入居者との家賃や退去等のトラブルになっても、サブリース会社が入居者と契約するので訴訟などの当事者にならなくて済みます。

デメリット
次に、サブリースのデメリットに目を向けましょう。

まずデメリットとして挙げられるのが、家賃収入が少なくなる点です。

サブリース会社が仲介に入る事で手数料がかかる分、入居者からの家賃収入は少なくなってしまいます。

また入居者を選ぶ事が出来ないという点もデメリットです。

サブリース会社と入居者の間で賃貸契約を結ぶため、物件の所有者であっても通常入居者の判断を行うことはできません。

サブリースの注意点・リスク

保証期間
免責期間
会社倒産のリスク

まずサブリース契約は、多くのトラブル例やリスクを抱えていることを認識してください。

もちろん適切な認識を持ったオーナーが契約を行う分には問題ないのですが、「◯年間の家賃保証は安心だ」と思ってサブリースを検討している人は注意が必要です。

サブリースの注意点とリスクを知る上で、必ず知っておきたい項目は、「家賃の保証期間」、「免責期間」、「会社倒産のリスク」です。

詳しくは下記リンクよりご確認ください。

貸倉庫のサブリースは可能?

貸倉庫のサブリースは住宅用途の賃貸借契約とは異なり、比較的サブリースをしやすい物件となります。

まとめ

まとめ

・サブリースとは物件の運営・管理の一部または全てを委託した物件の運用方法
空室でも賃料が支払われる
運営管理の手間がなくなる
手数料がかかる
取り扱い物件に制限がある
相応のリスクがある

いかがでしたでしょうか?

サブリースのメリットとデメリット、注意点・リスクをカンタン解説しました。

手間を大幅に削減できる分、手数料が必要となります。

また自分でコントロールができない部分が増えるため、それ相応のリスクはありますが、良い運営会社に担当してもらえると安定した家賃収入が見込めますね。

お問い合わせはコチラ