その他

【貸し倉庫】転貸借(又貸し)のメリット&デメリットを徹底解説!

このページでは、転貸借のメリット・デメリットについて紹介していきます。

転貸借を検討中の方に、ここだけはチェックしておきたいポイントをまとめていますので、最後まで目を通してみてください。

転貸借(又貸し)のメリット

転貸借は、建物や部屋を借り受けた人が別の人に貸すという行為ですから、法律的には誰もが好きなようになやって良いということにはなっていません。少なくとも借りた人が貸してくれた人に、転貸するということついての承諾を得る必要があります。

承諾を得られれば、転貸によってメリットが出ることがあります。
それは、建物全体を借り受けしたとか、広いスペースを借りた場合、平米当たりの借りる単価は低くなるので、一部を転貸することによって、スケールメリットからくるうま味を享受するということになるからです。

借りるときの単価より貸すときの単価が高ければ、儲かるということになります。

でも、元の貸主との関係があり、一方では貸した人の権利ということもあり、契約期間とか途中解約に関して、きっちりとした定めと対応をしないと、問題が起きることになってしまいます。

転貸借(又貸し)のデメリット

転貸借のメリットはそれなりにいくつかありますが、厄介なのはデメリットであり、その最たるものは、転貸した人は借りるという立場と貸すいう立場が両存しているところからくる矛盾みたいなものが原因となるトラブルがあるからです。

借家法という法律があり、日本の場合は弱い立場の借りている人を擁護するようになっています。
例えば、解約に関して借りる方は契約書の基づいて予告すればいいのですが、貸す方はそれだけでは事足りないで、6か月前の予告とか、やむをえない事情がある場合というような制限があるのです。

したがって、借りている立場で物事を進めようとしても、貸している立場で制限がかかり、思うようにできないということも起こるというわけです。

転貸借(又貸し)とは

不動産における一般的な「転貸借」とは、物件オーナーから物件や部屋を借り、賃借人に又貸しする物件の運用方法です。

物件所有者は貸借者(A)と賃貸借契約を結びます。

その貸借者(A)が別の第三者(B)と賃貸借契約を結ぶことで、賃貸人(A)と賃借人(B)の関係が出来上がることで成立します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

転貸借のメリット・デメリットを解説しました。

転貸借には、物件を仲介する際に生じるリスクがありますが、場合によっては「転貸借」の賃料差額で儲けを期待できるのは魅力的ではないでしょうか。

お問い合わせはコチラ